軽自動車やバイク(原付)を購入したい大学生の方

学生の方も通勤や通学に軽自動車やバイク(原付)が必要ということもあるでしょう。

 

大学の場所によってはバスや電車だと行きづらいところもあるでしょうし、そもそも軽自動車やバイク(原付)などの乗り物があったほうが便利でしょうね。

 

バイク

ただ、これらの乗り物って安いものではないですよね。

 

バイク(原付)で安いものを探せば10万円前後ぐらいで購入できるものもありますが、軽自動車も安いものを探しても50万円程度は必要になるでしょう。

 

まあ、もうちょっとかかるものはかかるでしょうけどね。

 

でも、あまり高いものを購入しても自己資金でない人以外は、借りることができないでしょう。

 

学生の収入となるとアルバイト収入だけなので、あまり高額な融資は受けることができませんから。

 

で、この軽自動車やバイク(原付)を購入するのにお金を借りることができるのでしょうか?

 

銀行のマイカーローン

まず、乗り物を購入するローンとして「マイカーローン」が思い浮かぶでしょう。

 

でもこのマイカーローンを大学生が利用するのはちょっと難しいです。

 

何故かというとマイカーローンは多くの場合、前年の所得が200万円以上というのが条件となっているのです。一部例を挙げると、

 

JAバンクマイカーローン 前年度税込年収200万円以上
三菱UFJ銀行マイカーローン 前年度税込年収200万円以上
三井住友銀行マイカーローン 前年度税込年収200万円以上

 

このようになっています。

 

そもそも銀行のマイカーローンの場合、アルバイトという位置づけでは審査に通らないでしょう。

 

ただ、親とも相談ができていて乗り物を購入しても良いってことになっているのなら、親の名義でマイカーローンを組んでもらうのもありです。マイカーローンが一番金利が安いですから。

 

ただ、アルバイトの給料だけではマイカーローンに支払う金額を毎月返済できないかもしれないので、自分が返済できるペースを親に相談してみるといいでしょう。

 

ディーラーローン

次に考えられるのが、ディーラーローンですね。

 

ディーラーローンというのは、ディーラーである自動車販売店で車を購入するときに、その車を担保としてお金を借りる形のローンのことを言います。

 

こちらのディーラーローンは銀行のマイカーローンに比べて、ちょっと金利は高めでです。

 

その分、年収の条件などは低いですが、それでも前年度の年収が150万円以上ないとちょっと厳しいでしょう。

 

年収150万円って、アルバイトをしている学生ではちょっと難しい金額になります。

 

ただ、ディーラーローンによって違っては来るので、軽自動車やバイク(原付)を購入する車屋さんやバイク屋さんに聞いてみるといいでしょう。

 

ディーラーローンで利用できればそれがベストだとは思いますが、審査手金難しい場合が多いでしょうね。

 

消費者金融・学生ローン

そこで、大学生の方が軽自動車やバイク(原付)を購入するときに使えるのが、消費者金融のカードローンや学生専用の学生ローンということになります。

 

消費者金融や学生ローンは、銀行のマイカーローンやディーラーローンに比べて、圧倒的に金利が高いデメリットがあります。

 

銀行マイカーローンは大体ですが1.5%〜2.5%、ディーラーローンは3.0%〜4.5%ぐらいになります。

 

でも、消費者金融や学生ローンは、こちらも金融会社によりまちまちで、大体ですが大学生が利用するとなると15.0%〜18.0%といったところになるでしょう。

 

圧倒的に消費者金融と学生ローンのほうが金利が高いですね・・・。

 

ですので、出来ることならば銀行カードローンやディーラーローンを利用したいところですが、そもそも利用できないとなればどうしようもありません。

 

そもそも、大学生だと個人間で軽自動車やバイク(原付)を売買することもあるでしょう。

 

友人からいらなくなった軽自動車やバイク(原付)を購入するということもあるでしょうから。

 

こういった場合は、そもそもマイカーローンやディーラーローンを使うことができません。

 

どちらにしても、大学生が軽自動車やバイク(原付)を購入すのなら、金利はちょっと高いですが消費者金融や学生ローンを利用しましょう。

 

消費者金融・学生ローンの最高融資額

軽自動車やバイク(原付)となると、それなりの金額にはなると思いますが、消費者金融も学生ローンも総量規制の対象ですので、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

消費者金融の最高融資額という表記がありますが、消費者金融は学生だけを対象としていないので、最高融資額は数百万円という金額になっています。

 

しかし、大学生がそんな高額な融資枠になることはないです。

 

総量規制がありますので、自分のアルバイトの年収の3分の1までとなります。

 

もちろん、この融資額には審査がありますし、審査によって年収の3分の1丸々借りることができるとは限りません。

 

もっと少ない融資額となることがほとんどと思っておいてください。

 

では、総量規制対象外の銀行カードローンで借りるのはと思うかもしれませんが、銀行は総量規制対象外ですが、そもそも審査が厳しいですので、大学生が高額な融資を受けることは出来ません。

 

消費者金融や学生ローンと同等か、それ以下の融資額になるでしょう。

 

なので、軽自動車やバイク(原付)を購入する金額に、消費者金融や学生ローンで借りるだけでは足りないという方は、足りない部分は自分でどうにかして用意するようにして下さい。

 

理想としてはアルバイトをしてちょっとづつ貯めていくことですね。

 

あとは、親に相談してみてその足りない部分を出してもらうか、貸してもらうかということになるでしょう。

 

軽自動車やバイク(原付)におすすめしているのは大手消費者金融からの借入です!