未成年でも借りれる所はある

大学生が学生ローンでお金を借りる条件として、ほとんどの場合で「20歳以上」で「アルバイトをしている」ということがあります。

 

アルバイトをしていたとしても18歳・19歳といった未成年の方はお金を借りることができないのです。

 

18歳・19歳

 

これは学生ローンだけでなく消費者金融、銀行カードローンでも同じ条件となっています。

 

なので基本的には18歳・19歳の学生はお金を借りることができないのですが、ある一部の学生ローン会社では18歳・19歳の未成年の大学生でも借り入れできるところがあるのです。

 

ちなみに、一部の学生ローンでは18歳・19歳でも借りれるといっても、広告は必ず卒業している状態でなければいけません。高校を留年している状態の18歳・19歳はダメです。

 

その一部の学生ローンというのを以下で紹介しておきますね。

 

アイシーローン

アイシーローンは18歳・19歳といった未成年の方でも学生ならば審査の上借りることができます。ちなみに、学生ではない未成年の方は借りることができません。

 

あと、アルバイトをしていない場合でも借りれる可能性があるので、かなり貴重な存在ともいえます。

 

もちろん、審査のうえで借りれないということも十分考えられますけどね。

 

未成年でもOKでアルバイトをしていなくてもOKと聞けば、ちょっと闇金なのかな?と不安にも思うかもしれませんが、ちゃんとした登録業者なので安心してください。登録番号「東京都知事(12)第00689号」となっています。

 

≫アイシーローンの詳細はこちら

 

カレッヂ

カレッヂは学生ローン業界の中でも知名度が高いですね。

 

このカレッヂは高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学生の方でアルバイトをしているのなら18歳・19歳でも審査の上利用することができます。

 

先ほどのアイシーローンはアルバイトをしていなくても利用できましたが、カレッヂに関しては未成年の方もアルバイトをしていないと借りることができません。

 

あと、18歳・19歳の未成年の方は限度額が10万円の範囲内と決まっています。

 

≫カレッヂの詳細はこちら

 

アミーゴ

アミーゴも18歳・19歳といった未成年の方でも利用することができる学生ローンです。

 

子のアミーゴもカレッヂと同じくアルバイトによる収入は必要になります。なのでアルバイトをしていない未成年の方は借りることができないのです。

 

≫アミーゴの詳細はこちら

 

フレンド田

フレンド田も未成年の方でも利用することができるのですが、未成年の方の場合は親権者の承諾が必要になります。

 

未成年の方は保証人が必要となっているので、親権者の方が同意して保証人となる必要があるでしょう。なので、両親に内緒で借りるということは難しいですね。

 

家庭環境などから両親に聞いてみて同意を得られるようならフレンド田もありでしょう。

 

≫フレンド田の詳細はこちら

 

未成年の方は特に慎重に利用しよう

未成年の方が借りることができる可能性のある学生ローンは、上記で紹介した4社になります。

 

もちろん、18歳・19歳の方が必ず借りることができるというわけではなく、審査によって借りれないという可能性も十分にあります。

 

なのでまずは審査に申し込みしてみるしかないでしょうね。

 

で、審査に通って利用できるようになったとしても、たぶん上限は10万円が良いところかなと。あまり高額な金額はやはり貸し出すことができないでしょうから。

 

でも10万円と言っても未成年にとっては大金です。

 

なるべく余計なものには利用しないようにして下さいね。必ずお金を借りてでも必要なものに利用するようにしましょう。

 

未成年がお金を借りるとなると、生まれて初めて自分自身が金融機関からお金を借りたということになると思います。

 

お金を借りること自体が悪いことではないですが、くれぐれも計画的に借りないといけないということを覚えておいてください。

 

始めてお金を借りて借り癖が付いてしまうと、これからまだまだ長い生活が大変なことになってしまいますからね。くれぐれも借り癖にならないように注意しながら利用するようにして下さい。