学生ローン カレッヂのスペックと概要

学生ローン カレッヂとは

カレッヂは学生を対象とした老舗のローン会社

学生ローン カレッヂは学生を対象とした学生ローン会社で、1977年創業となっており学生ローン会社の中ではかなり老舗の業者となっています。

 

いくつかある学生ローン会社の中でも1番知名度が高いでしょうね。

 

1977年創業という事は43年間も学生ローン会社として営業しているという事になります。

 

ですので、カレッヂを今利用しようとしている学生の親も、もしかすると利用していた可能性もありますね。

 

親子で学生時代にカレッヂに助けられたという方もいるかもしれません。

 

ちなみに、「カレッジ」ではなく「カレッヂ」です。最後が「ジ」ではなく「ヂ」なのです。

 

カレッヂ

 

カレッヂの所在地について

カレッヂは高田馬場駅から徒歩1分程度の場所にあり、黄色の看板に赤字で「学生ローン」と大きく書かれた巨大な看板が目印になります。

 

JR山手線・高田馬場駅を下車して、池袋寄りの出口より改札を出てから、すぐに右に進みます。

 

すると駅前の広場に出るのですが、そこから左の正面を見ると、カレッヂの巨大な看板が見えるのですぐに分かるでしょう。

 

住所 東京都新宿区高田馬場2-17-1 伊勢浪ビル305号

 

カレッヂの営業時間について

カレッヂの営業時間ですが、以下のようになっています。

 

平日 10:00〜18:00
土曜日 10:00〜14:00

 

定休日が、

 

日曜・祝日・第2土曜日・4土曜日

 

となっています。

 

土曜日も時間を短縮した14時までではありますが、第1第3土曜日に関しては営業してくれているのは助かりますね。

 

土曜日でも借入できる可能性があるという事ですからね。

 

カレッヂは全国対応

カレッヂは高田馬場に店舗を構える学生ローンですが、全国の学生の方が対象となっています。

 

例えば沖縄に住んでいる学生であったり、青森に住んでいる学生でもカレッヂを利用することが出来るのです。

 

来店しなくても良くて、振込でキャッシングしてくれるので全国対応となっているのです。

 

学生ローンの中には初回は必ず来店必須となっているところが多く、全国の方が利用できないという場合も結構あるので、来店不要で全国の方が利用できるカレッヂはメリットがありますね。

 

対応地域 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県、新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県、三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県、鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

カレッヂはATMが利用できる

カレッヂには他の学生ローンと違う大きなメリットがあります。

 

それは、自社専用ATMを持っているという事と、セブン銀行ATMが利用できるという事です。

 

自社専用ATMを持っている学生ローンは他にありませんし、セブン銀行ATMが利用できる学生ローンもありません。

 

セブン銀行ATMが使えるという事は、全国の学生の方がセブン銀行ATMでキャッシングや返済することが出来るのです。

 

あと、入出金可能額の紹介もできるので、かなり利便性に優れている学生ローンといえますね。

 

ただ、セブン銀行ATMの利用は1万円以下は110円、1万円超は220円の手数料がかかるので注意してください。

 

手数料が気になる方はカレッヂ店舗脇にあるカレッヂ専用のATMならば手数料無料で利用することが出来ます。

 

学生ローン カレッヂのスペックについて

年利

カレッヂの金利ですが、実質年率17.00%となっています。月利で約1.4%程度になります。

 

これは10,000円を借りたとして1か月(30日計算)で焼く140円ほどの利息になります。

 

この金利はお金を借りたいという友達をカレッヂに紹介したり、長くカレッヂを利用することにより安くなっていきます。

 

限度額

カレッヂではいくら借りれるか?という事ですが、正確な限度額は審査が完了してからでないとわかりません。

 

ただ、最高でも融資額は50万円となっています。未成年の方は10万円が上限となります。

 

他の学生ローンとの比較

他の学生ローン会社との金利と最高融資額の比較表です。

 

学生ローン会社名 金利 最高融資額
カレッヂ 17.0% 50万円
マルイ 15.0%〜17.0% 50万円
イー・キャンパス 14.5%〜16.5% 50万円
アミーゴ 14.4%〜16.8% 50万円
ヤングローンキャンパス 14.4%〜16.8% 50万円
フレンド田 12.0%〜17.0% 50万円
友林堂 12.0%〜16.8% 30万円

 

学生にはアコムが圧倒的におすすめ!

アコム
実際に利用している学生からの口コミ評判の高いのがアコム!
初めてアコムを利用するなら最大30日間無利息で利用できる!

メリデメ

カレッヂのおすすめポイント

学生でも借りられる

学生ローンなので当たり前ではありますが、学生でも借りられるというのはメリットですね。

 

あと、学生ローン会社だとしても未成年の方は利用できないところが多いのですが、カレッジは未成年の場合でも最大限度額を10万円の範囲内で利用できる可能性があります。

 

創業42年の老舗なので安心して利用できる

カレッヂは最初のところでも触れましたが、創業42年という歴史のある老舗の学生ローン会社です。

 

これだけ営業しているという事は、多くの学生の支持されているという事がわかありますよね。

 

しかも、怪しい業者ではなくちゃんと学生のためを思っている消費者金融という事も分かります。

 

なので、安心して利用することが出来るというのもメリットになります。

 

即日融資も可能

カレッヂは即日融資も可能となっているので、急ぎでお金が欲しいという方でも大丈夫です。

 

申し込みしたその日のうちに審査の上借入することが出来ますよ。

 

バイト先や自宅への電話確認がない

一般的な大手の消費者金融からお金を借りる場合は、アルバイト先への在籍確認は必須となります。

 

本当にそのアルバイト先に勤めているか確認しないといけませんからね。

 

でも、カレッヂの場合はアルバイト先に電話での在籍確認がないのです。

 

在籍確認でアルバイト先にちょっと不審に思われるのは嫌だなという学生の方位はメリットは大きいですね。

 

自宅への電話ももちろんありません。

 

自社ATMやセブン銀行ATMを利用できる

上記でも触れましたがカレッヂは自社ATMとセブン銀行ATMが利用できるというのは利便性が高くなりメリットが大きいです。

 

学生ローン会社で自社ATMを持っているところやセブン銀行ATMが利用できるところはありませんからね。

 

ですので、大手の消費者金融並みの利便性がありますね。

 

カレッヂのウィークポイント

引き落としができない

カレッヂのデメリットというかウィークポイントとして返済の際に引落が出来ないというのがあります。

 

カレッヂの返済方法はセブン銀行ATM,銀行振り込み、現金書留、店頭持参のどれかになります。

 

引落しが出来れば、返済忘れとかがなくていいのですが、引落ができないというのはちょっとウィークポイントとなりますね。

 

返済のたびに手数料がかかる

セブン銀行や銀行振り込みに関しては、その都度手数料がかかるというのもウィークポイントです。

 

セブン銀行ATMは1万円以下は110円、1万円超は220円となっており、銀行振り込みは各銀行によって違いますが数百円程度はかかりますね。

 

カレッヂの店舗で返済することが出来れば手数料はかかりませんので、店舗まで行ける人は店舗で返済するといいでしょう。

 

日曜・祝日や夜間も申し込みができない

ネット申し込みは24時間いつでもできるのですが、他の電話申し込みや来店申し込みはカレッヂの営業時間中しかできません。

 

なので、日曜日・祝日や夜間はネット申し込み以外は出来ません。

 

ネット申し込みは出来ますが日曜や祝日はカレッヂが休みなので審査は出来ませんので、その日のうちに借りることは出来ないのです。

 

大手消費者金融のに関しては日曜日や祝日も審査可能なので、こういった点はウィークポイントになりますね。

 

また、大手消費者金融の場合20時ぐらいまでに申し込みしておけば、その日のうちに審査に通って借り入れできる可能性が出てきます。

 

もし、日曜日・祝日や夜といったカレッヂの営業時間外にお金が必要ならば、プロミスやアコム、SMBCモビット、アイフル、レイクALSA等に申し込みするといいでしょう。

親バレなしで借りれるのか?

学生がお金を借りる際にですが「親バレしないか?」というのは非常に気になるポイントですよね。

 

親にバレたら怒られてしまうという人が多いでしょうから。

 

で、カレッヂは親バレしないか?というのが気になりますが、いくつか注意しておけば大丈夫です。

 

まず、親と同居している場合は郵送物に気を付けておかなければいけません。郵送物から親にバレるという可能性がありますからね。

 

いくら自分名義の郵送物だったとしても、親が不審に思って勝手に開けてしまう可能性がありますからね。

 

で、カレッヂからの郵送物ですが初回振込の際には郵送物は必ず送られるようになります。

 

希望すれば個人名で郵送してくれますが、それでも不安な場合は店舗で契約すれば郵送物は送られてきませんので店舗で契約して借入するようにするといいでしょう。

 

郵送物は後日店舗に取りに行ったり、友人の家に送るというのもできませんので、店舗で契約するしかありません。

 

あと、延滞がが2〜3週間続き連絡も取れないという状況になれば督促状が送られます。ですので、必ず電話連絡はとれるようにしておいて、電話がかかってきたときは折り返し連絡するようにしましょう。

 

あと、5か月以上滞納して連絡も取れず住所も不明という事になってしまった場合は、実家に連絡がいきます。

 

ですので、この場合は同居していない一人暮らしの学生も注意が必要です。

 

とりあえず、電話連絡はとれるようにしておくというのが親バレせずに借りる方法となりますね。

申し込み資格

申し込み資格について

申し込み条件ですが高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学生の方で、アルバイトなどでの収入がある方となっています。

 

ですので、アルバイトをしていれば未成年の18歳・19歳の学生でもカレッヂで借りることが出来るのです。

 

未成年が利用できる学生ローンは少ないので貴重ですね。

 

また、カレッヂの場合はアルバイトを現在一時的にやっていないという場合でも相談に乗ってくれます。

 

ただ、今までアルバイトをしたことがない方や、今後もやる予定がないという場合はダメです。

 

一時的にアルバイトをしていないという時のみになります。

 

どの学生ローンも消費者金融もアルバイトを現在しているというのは必須なので、カレッヂはこういった面でも柔軟に対応してくれるのはすごいですね。

 

また、学生の間に利用しているのならば、卒業後も利用し続けることが出来ますよ。

審査方法について

審査の内容について

審査基準は公表されていませんので一概には言えませんが、審査で見られるのは「年収」「他社借入」は見られます。

 

総量規制により年収の3分の1までしか借りれなくなっているので、アルバイト収入がいくらなのかというのは見られますし、他社借入により既に年収の3分の1まで借りていたら借りることは出来ませんからね。

 

自宅やバイト先への在籍確認はないので安心

上でも説明しましたが、審査の際には消費者金融では在籍確認はあるのですが、カレッヂに関しては在籍確認はありません。

 

なので、在籍確認が不安という方も安心して大丈夫です。

 

だからといって嘘をついていいものではないので注意してくださいね。

 

カレッヂから郵送が送られてくる場合について

カレッヂを利用する際に基本的に自宅などに郵送物はありません。

 

ただ、初回振込の際には郵送物が送られるので注意してください。

 

家族と同居の方はこの郵送物が気になるかもしれませんが、希望があれば個人名での郵送も可能なので問い合わせておきましょう。

 

郵便物を後日店舗に取りに行くとか、友達の家に送るという事も出来ませんし、書留も日にち指定もできません。

 

利用限度額の増額をする際には最新の年収を申告しよう

すでにカレッヂを利用している方で増額を希望している方は、ネットで最新の年収を申告してから電話するという流れになります。

 

年収がどれくらいかによって増額できるかできないかが決まりますからね。

利用方法

来店申し込み

必要書類

カレッヂの来店申し込みでの必要書類は以下のものになります。

  • 学生証
  • 免許証か保険証
  • 銀行のキャッシュカード

 

カレッヂの所在地

来店申し込みですのでカレッヂの店舗に行かないといけませんが、店舗は以下の住所にあります。

 

【住所】
東京都新宿区高田馬場2-17-1 伊勢浪ビル305号

 

黄色に赤字の大きな看板がありますので、分かりやすいと思いますが、以下のグーグルマップも張り付けておきますね。

 

 

営業時間

店舗に行くわけですので、カレッヂの営業時間内に行かないといけません。

 

以下が営業時間ですのでこの間に行くようにしましょう。

 

平日 10:00〜18:00
土曜日 10:00〜14:00

 

土曜日に関しては、第2土曜日・第4土曜日は定休日になるので気を付けてくださいね。

 

インターネット申し込み

申し込みフォームから申し込みする

インターネット申し込みはいつでも申し込みできるので便利です。

 

申し込みは以下の申し込みフォームから申し込みしてください。

 

https://www.3205-1105.co.jp/form.htm

 

ここ最近投資話や詐欺まがいの商法などの為に利用する人が増えています。

 

ですので、そのようなものの為の利用ではないかという事や、日本国籍である高尾t、高卒以上の学生でアルバイトをしているといったことをチェックすることにより申し込みに進めるようになっています。

 

電話による審査

フォームに記載して申し込みが完了したら、のちにカレッヂの方から確認の電話が携帯電話にかかってきます。

 

これに出ることが出来なければ審査が進みませんので、カレッヂからの電話だという事が分かるように以下の電話番号と登録しておきましょう。

 

03-3205-1105

 

登録しておけば、知らない電話だからといって出ないという事をしなくて済みます。

 

また、電話がちょうどかかってきたときにとれなかったとしても、あとですぐにかけなおせばいいですので登録しておくと便利でしょう。

 

必要書類の送付

インターネット申し込みの際は以下の書類が必要になります。

 

  1. 学生証
  2. 免許証か保険証
  3. 銀行のキャッシュカード
  4. 公共料金の領収書・または請求書

 

来店する際は、公共料金の領収書・または請求書は必要なかったのですが、ネット申し込みの際はこちらも必要となります。

 

公共料金の領収書の代わりになるものとして、携帯電話の請求書やクレジットカードの利用明細書、銀行や保険会社などの金融機関からの郵便物、役所からきている郵便物でも大丈夫です。

 

一人暮らしの方の場合はアパート契約書やカレッヂから電報を受け取る方法もあります。

 

住民票は公共料金の代わりにはなりませんので注意してください。

 

これらの必要書類は、カレッヂからの電話連絡後で審査が通った後に送ります。

 

申し込みと同時に送信するのではありませんので注意してください。

 

審査通過後に以下のページから画像を送信しましょう。

 

https://www.3205-1105.co.jp/inet2.htm

 

注意点
  • 写真はその書類を正面からとり斜めに取らない
  • 学生証や運転免許証といった必要書類を全部並べて一緒に取るのはダメ
  • 学生証は学生証だけ、運転免許証は運転免許証だけと1枚づつ別にとる
  • 公共料金は宛名がタックシールのものはダメなので中身を取り出してそちらをとる
  • 住所や氏名、差出人が分かるようにする
  • 手書きや宅配便もダメで、住所と名前の部分が印刷されていて郵便局から配達されているもの

 

電話申し込み

電話申し込みは基本的にインターねtt申し込みと同じ流れになります。

 

最初から電話して申し込みをするだけですね。

 

必要書類も来店するわけではないですので、インターネット申し込みと同じ4つの種類の書類が必要になります。

返済方法について

カレッヂの返済方法は4つ

カレッヂの返済方法は、「来店返済」「銀行振り込み」「現金書留」「セブン銀行ATM」の4種類ほどあります。

 

来店返済はその名の通りカレッヂに来店して返済します。

 

この方法だけが手数料不要で返済することが出来ますので、出来るのならこの来店返済をお勧めします。

 

銀行振り込みはカレッヂの銀行口座に振り込むことによる返済です。

 

振込手数料がかかります。

 

振込できる銀行は「三井住友銀行」「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」の3種類がありますので、同じ銀行が近くにあれば同じ銀行同士だと送金料金が安く済みますよ。

 

現金書留というのはお金を送るとき専用の封筒にお金を入れて送ることにあります。

 

封筒は郵便局の窓口で20円で購入することができ、特殊料金として損害賠償額によって決まる金額が必要になります。

 

損害補償額 特殊料金
1万円まで 420円
1万5千円まで 430円
2万円まで 440円

 

これにプラスして送料がかかってきます。

 

重さ 送料
25gまで 80円
50gまで 90円
75gまで 140円

 

となります。

 

「現金封筒20円+特殊送料+送料」がかかるという事になりますね。

 

ちょっと面倒ですし手数料もそれなりにかかるので、他の返済方法が良いでしょう。

 

セブン銀行ATMでの返済はカレッヂカードをセブン銀行ATMで使うことにより、返済することが出来ます。

 

セブン銀行はどこにでもありますし、一番返済しやすい方法といえるでしょうね。

 

手数料は必要になり1万円以下は110円、1万円超は220円の手数料がかかります。

 

返済日は自由に設定可能

 

返済日は自分の都合に合わせて、都合の良い日を選ぶことが出来ます。

 

アルバイトの給料日の翌日など、支払いやすい日にちを設定しておくといいでしょう。

 

毎月の返済額も利息以上なら自由に設定可能

 

毎月の返済額は利息分以上ならばいくらでも大丈夫です。最低でも利息分は支払わないといけないという事ですね。

 

月々の最低返済額は10万円利用の場合で2,000円と覚えておくといいでしょう。

 

10万円の利用だと1か月あたりの利息は約1,400円なのですが、日割り計算の関係で1,400円より安かったり高かったりします。

 

ですので、最低返済額は利息よりも少し多めの10万円の利用で2,000円、20万円の利用で4,000円と覚えておくといいでしょう。

 

利息分以外の余りは元本に充当されるので、次の利息分はその分安くなっていきます。

 

ですので、余裕があるときはなるべく多めに返済しておいたほうが良いでしょう。

遅延した場合について

支払いを遅延したらどうなるの?

支払遅延利息がかかる

 

支払いを遅延してしまうと支払い遅延利息がかかってきます。

 

遅延は支払日から8日以上遅れると遅延利息がかかりますので気を付けてください。

 

遅延になってしまった場合は、利息以上を入金すれば次回からは通常金利に戻ります。

 

ちなみに、遅延利息は年率20.00%となります。

 

自宅に連絡が入る

まず2〜3週間の延滞ならば督促状が発送されます。家族と同居している方はこの督促状からバレる可能性があります。

 

次に延滞日数が3か月を超えると信用情報の問題も出てきます。

 

で、5か月以上滞納して住所が不明になってしまった場合は、自宅に連絡が入る可能性が出てきます。

 

自宅に連絡が入ればその場で家族にバレるという事になるでしょう。

 

ただ、これらは本人と連絡が取れない場合の最終手段になりますので、自ら連絡するようにしておくことによって督促状や家族への連絡をストップすることが出来ます。

 

支払いが遅れそうになった場合にやっておくべき事

支払いが遅れそうだなと予想できた時点で、カレッヂの店舗に電話して相談しましょう。

 

その相談結果の通りに行動すれば大丈夫です。

 

ちなみに、7日以内なら遅延利息はかかりません。7日以内ならばサービス期間内なので、この期間内に返済できるのならば連絡する必要はありませんよ。

学生にはアコムが圧倒的におすすめ!

アコム
実際に利用している学生からの口コミ評判の高いのがアコム!
初めてアコムを利用するなら最大30日間無利息で利用できる!